スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    シュワちゃんの名言

    このブログに設置している「地球の名言Ⅱ」にシュワちゃん(シュワルツェネッガー)の名言が出ていた


    なりたい
    自分についての
    ビジョンを
    創造するのさ

    そして
    それが
    まるですでに
    現実で
    あるかのように
    振る舞うんだ

    (シュワルツェネッガー)


    同じことを昔、自分でも思っていたことがある。
    高校のときだったろうか。
    紳士でありたい。と考え、自分が紳士であればどう振舞うかを思い、紳士のごとく振舞うことで
    紳士になろうとしていた。
    いつしか、そんな心も薄れ、今はそんなこと思わずに生きている。
    そして、
    堕落していった・・・。

    ほかにも、
    普段の自分とはまったく違うキャラクターを考え、
    そのように振舞ってみたり、
    周りが見る自分は、真実の自分ではなく
    自分が演じている自分なんだと考えて、
    俳優になったつもりで、自身を演じ、演出し
    自身が嫌う真実の自分を隠蔽し、別の人間に成りすまそうとしていた時期もあった。

    若かった。そして自分嫌いだった。
    今でも自分を嫌っているところはある。

    いつだったか、そう、大学生のころだったかな。
    自身の性格や生き方について、別の考えを持つようになった。
    すなわち、
    自身を飾らず、ありのままの自分を受け入れ、ありのままに生き、
    自分は本当はこういう人間だというのを見せるというもの。

    自身の自分嫌いを人に言えば、だいたいそういう答えが返ってきていた。
    「そんなに気にしなくても、ありのままでいいんじゃない?」

    そして、その言葉を受け止め、理解し、受け入れた。

    しかし、今は思う。それは何の発展ももたらさない、ただ楽に生きる道だったのではないかと。

    いやな自分は認めてはいけない。
    自分はこういう人間なんだと決めてはいけない。

    自分はこういう人になるんだと
    ああいう人になりたいんだと
    思い続けること、そして、シュワルツネッガーがいうように
    なりたい自分になったつもりで振舞うこと。

    そうすれば、いままでになかった自分が見えてくる。
    「素の自分」のほかに、いろいろな自分がレパートリーに加わってくる。
    自分は自分を演じる俳優だ。
    自分のいやなところは、そんなものを持たない人を演じることで隠蔽できる。

    自分を変える必要なんかない。
    演じる対象を代えればいいのさ。
    スポンサーサイト

    テーマ : その他
    ジャンル : その他

    【C#】DataGridViewで列幅をグリッドいっぱいに広げる方法

    DataGridViewを扱うときに、列数が少ないとグリッドの右端に無駄な空白ができますね。
    その領域を最後の列を広げることで埋める昨日がC1FlexGrid(サードパーティ製グリッド)にはあります。
    それがExtendLastCol。

    これと似たようなことをDataGridViewでやろうとすると、該当する機能がない・・。
    一番近いのは、
       dataGridView.AutoSizeColumnsMode = DataGridViewAutoSizeColumnsMode.Fill;
    を使うことか。
    これは、列幅をグリッドいっぱいに広げてくれる。
    逆に言うと、カラムのFillWeightプロパティ(相対列幅を決めるプロパティ)に応じて、
    各列の列幅の割合を決め、グリッドの幅と、FillWeightにあわせて各列の幅を調節してくれる。
    MinimumWidthプロパティで最小幅が決められるので、この辺も活用してやると
    いい感じにグリッドの余白をなくせる。
    (なお、実際の幅調整はDataGirdViewのAutoResizeColumns()メソッドを投げたときに行われる。)

    ExtendLastColの代替機能を探してググッたので、今後のために ( ..)φメモメモ

    テーマ : プログラミング
    ジャンル : コンピュータ

    【WPF】【C#】タイトルバーのないWindowの移動

    WindowのWindowStyle を "None" にして

    private void Window_Loaded( object sender, RoutedEventArgs e )
    {
      this.MouseLeftButtonDown += delegate { DragMove(); };
    }

    をWindowのLoadedに書くだけ!

    チョー便利!

    つうか、コードをブログに張る時、色付けとかしたいよね・・・。
    みんなどうやってるんだろう・・・。

    ま、そのうち調べるってことで。

    テーマ : プログラミング
    ジャンル : コンピュータ

    棒人間の逆襲

    面白いFlashみっけ。

    棒人間が反乱を起こし、Flash8のワークスペース上で暴れまわる「Animator vs. Animation」

    もすかう

    これもいいね。

    もすかう

    マイヤヒー

    これうけた・・・

    マイヤヒー
    プロフィール

    ざっち

    Author:ざっち
    ざっちのーと
    ♪自由なSEのメモ帳です♪

    ざっちのスキル一覧
    ----------------
    上級(手足も同然!)
    ・.net FrameWork
    ・C#
    ・SqlServer
    ・VisualBasic6.0
    ----------------
    中級(だいたいOK!)
    ・WPF(XAML)
    ・Android
    ・WindowsMobile6.5
    ・HTML
    ----------------
    下級(や、やればできるさ!)
    ・PHP
    ・JavaScript
    ・SilverLight
    ・SQLite
    ・Python(だってjetCreaterが・・・)
    ・C++(OpenCVいじってみたくて・・・)
    ----------------
    最近のお気に入り
    ・WPF(XAML)
    ・Android
    ・GoogleAPI
    ----------------

    最近の記事
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    夢見る羊さん
    地球の名言Ⅱ

    presented by 地球の名言

    Twitter...A

    Twitter < > Reload

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。